• ビリヤード台
  • 刺さる
刺さる
image3-10

気になったのなら挑戦

ダーツやビリヤードの基本的な遊び方は先ほど述べた通りになります。それでもし興味をもったのであれば、実際にダーツやビリヤードが遊べる施設に赴いてみるのが一番です。実際にゲームを行っている様子を見れば、イメージも湧きやすいですし場所によっては初心者向けにゲームを教えてくれる所もあります。しかしいきなりプールバーやダーツバーに向かうのは少々抵抗があります。今ではバー以外にもネットカフェやカラオケ店などにもダーツとビリヤードを楽しむ事ができます。バーよりかは断然行きやすく、もし友人などに少々ダーツやビリヤードを嗜んでいる方がいるのであれば一緒に行ってみて遊んでみるのもいいかもしれません。けれども全く何も知らずにゲームをするよりかは、多少なりとも自分でダーツやビリヤードの知識を蓄える事も大切です。今では本やネットのサイトなど、色々なツールでダーツやビリヤードを知る事ができるのです。ダーツとビリヤードが日本で人気が出てきているからこそ、なせる技です。折角なので色々確認をしてみてから実際にゲームを行うのが無難なのです。もしかしたら予想以上にハマってしまい、ダーツなら自分専用のダーツを購入してしまうほどのめり込んでしまうかもしれません。ビリヤードにハマってしまったのであれば、アマチュアではなくプロを志してしまうかもしれません。知らない間にのめり込んでしまうほどに、ゲームにハマってしまうという事はとても楽しくて嬉しい事であります。
Read More »
ビリヤード台
image3-8

遊び方とルール

ダーツとビリヤードにはご存知の通りれっきとしたゲームになるので、ルールや遊び方もしっかり決まっています。そして公式戦などもあり、手軽に遊べるゲーム形式などがあるのです。ゲームの種類も何種類かあり、主に遊ばれるゲームという物も決まっています。まずはダーツですが、30センチから40センチ程度の円形の的に決まった距離から矢を投げます。そしてあたった的の得点を競う射的ゲームなのです、日本では矢の先がプラスチックで比較的遊びやすいソフトダーツが主流であります。プレイヤーは矢を3本所有し、それを自分のターンの時に順々に投げるのです。代表的なダーツのゲームにカウントアップという物があります。自分の矢を投げる事をラウンドと呼び、プレイヤーはこのやり取りを最終ラウンドまで繰り返すのです。カウントアップ3回投げて交代という形を8回行うのです、得点の計算は1ラウンドごとにおこないます。最も遊ばれるダーツのゲームであるので、ダーツの初心者の練習や何かのゲームに向けてのウォーミングアップとして行われます。そしてクリケットゲームも多く行われるダーツのゲームであります。ダーツで行う陣取りゲームであり、ターゲットの番号に手持ちの三本の矢を当てる事でその番号のエリアが自分の陣地となるのです。当然その陣地に相手の矢が刺さると陣地を奪われるという形になります。二人以上で行うゲームであり、楽しめる事間違いなしです。その他にも楽しく遊べるゲームは多数あり、中には自分で発明したダーツのゲームで遊ぶ方々もいます。ビリヤードはビリヤードデーブル場にある番号が書かれている玉を、キューと呼ばれる競技用の棒で突きその正確さを競う競技です。実際にプレイした事がなくても、ゲームを行っている様子などはテレビなどで見た事がある方がほとんどであるはずです。ビリヤードについては日本で多く遊ばれているゲームはポケットビリヤードという協議になります。そのほかにもキャロムビリヤードやスヌーカーといったゲームがあります。しかしキャロムビリヤードなどでは日本人が国際大会で男女共に強いので、ポケットビリヤード意外のゲームがマイナーという訳ではありません。ポケットビリヤードは別名プールビリヤードとも呼ばれ、ポケットと呼ばれているテーブル上にある穴に狙ったボールを入れるのが遊び方になります。1から15までの番号が振られている玉を、別にある白い玉を突いて番号が振られている玉をポケットへ正確に入れるのです。これが基礎であり、基礎を元にナインボールやエイトボールといった様々なゲームを楽しむのです。プールバーなどで行われるゲームであり、アマチュアの方々に親しまれているゲームです。
Read More »